JET bath

ジェットバス

温浴

湯温42〜43°Cで、天然温泉ならではの力強さと癒しを再現。高めの湯温設定が代謝を刺激するとともに、精神的にもリラックスできることでしょう。 代謝効率を高めながら血流を改善し、血圧を下げて血管を強化することで循環器にも貢献。 また、高めの湯温で癒されることで、心が落ち着き、安らかな睡眠をとることができます。


ソフトバブルバス

温泉体験を始めるのに最適なお風呂です。39°Cの快適な湯温なので、より熱いお風呂に移動する前に体を慣れさせて、心と体をリラックスさせることができます。柔らかな気泡の流れが筋肉をやさしく刺激し、循環を改善し、血圧を下げ、徐々に体が温浴に順応していきます。


スリーピングジェットバス

湯の森温泉ならではのユニークなジェットバスで、痛みの改善に効果的です。座ったり横になったりして入浴。8つの強力なエアジェットが、背中、太もも、脚、足の主要などの痛みが起きやすい部位に当たり、血流を促進して筋肉を柔らかくします。熱と圧力の組み合わせによって血流が刺激され、血圧が下がり、筋肉や関節の痛みが和らぎます。気持ちもリラックスして、睡眠の質も向上します。


シルクバス(マイクロバブルバス)

小さな気泡で満たされたこのお風呂は、深い癒しとリラックス体験のお湯。気泡の噴流は体に絹のような感触を与えるだけでなく、筋肉をリラックスさせ心地よい浮力を生じさせます。リウマチや関節炎性の痛みを改善するのに効果的です。同時に心をほぐし、快適な睡眠を誘います。


コールドバス

湯温16〜17℃のコールドバス。熱いお風呂を楽しんだ後、冷たいシャワーやお風呂に入ることは、古代から伝わる爽快な入浴儀式です。熱いお風呂で火照った体を冷やすことで、血液循環を改善し、気分を明るくします。また、お湯が毛穴を開くのと同じように、冷水が毛穴を再び締めることによって、入浴後には素晴らしい爽快感を体感できます。


ミネラルウォーターバス

湯の森温泉のミネラルウォーターバスは、カンチャナブリ県のワンカナイ寺の有名な泉から直接供給されます。 このお湯を求めて20年近くの間、大勢の人々が関節痛や筋肉痛、循環器の問題やストレスなどの改善を目的に訪れています。現在、この天然温泉を楽しめるのは湯の森温泉だけです。


ディープ・コールド・バス

温浴やサウナーで身体を温めた後、立ったままで入浴する冷たいお風呂です。入浴すると、血行を促進させるとともに、筋肉をほぐしながら疲労を解消し、体全体の感覚を改善する効果があります。

スチームルーム

湿度100%のスチームルームの湿熱が、毛穴を開き、肌と体をデトックスします。スチームルームでクレンジングとスージングを行うことで素肌を若返らせ、関節と筋肉の痛みを和らげます。そして、代謝を高め、カロリーを燃焼させ、心身もリラックスさせます。

サウナ

乾熱サウナの温度は80〜95°Cに設定され、究極の発汗を促します。毛穴を開き、皮膚を清潔にし、筋肉の緊張を和らげます。また、新陳代謝を促進し、より多くのカロリーを燃焼。サウナの後は爽快な気分に包まれることでしょう。